2024/01/23(更新日: 2024/01/23) 黒にんにく製造×HACCPコーディネーター | 有限会社トータル
     

黒にんにく製造×HACCPコーディネーター | 有限会社トータル

黒にんにく製造機を導入したらいよいよ黒にんにく作りが始まります。食品加工といえば切っても切り離せないのが衛生管理です。令和3年6月から、原則として、すべての食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが制度化されています。

✔本記事の内容

黒にんにく製造機導入時からサポート可能

HACCPとは

設備や機械ではなく従業員一人ひとりの意識が大切

黒にんにく製造機導入時からサポート可能

HACCPコーディネーター養成講座を修了したものが要望に応じて各所と対応します。

賞味期限の妥当性の検査なども可能です。

店頭などで販売する際にHACCPへの取り組みが必要な場合もあります。

HACCPに取り組むなら製造機導入と同時に取り組んだほうがいいと考えています。

HACCPとは

Hazard Analysis and Critical Control Point HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。出典:厚生労働省

HACCP

①ハザード分析(HA)

②必須管理点(CCP)

①ハザード分析

HACCPのHAの部分です。Hazard Analysisです。

黒にんにくの製造工程のなかで潜在的なハザードを挙げてそれぞれを評価します。

通常的に考えてどのハザードが重大かリスク評価をしていきます。

重大なハザードをコントロールする方法を考えていきます。

②必須管理点(CCP)の決定

CCPとはHACCPシステムに適用される、重大なハザードをコントロールするために必須な、1つまたは複数の、コントロール手段となるステップです。

黒にんにくには黒にんにくの管理がありますので、それぞれのお客様が管理しやすいような方法を、製造機を導入する際に丁寧に説明させていただきます。

設備や機械ではなく従業員一人ひとりの意識が大切

HACCPというと「新しくHACCPのために建物を作らなきゃいけない」「うちの倉庫は汚いから無理」とかハードルが高いように感じるかもしれませんがそんなことはないです。

建物や設備はあくまで補助的なもので、一番大切なのはHACCPに取り組むスタッフの意識です。

黒にんにく製造もツボを押さえれば工程自体は多くはないのでどんな方でも十分に対応できます。

製造機を置く場所も完全にきれいなところでなくても大丈夫です。

 

お問い合わせ

製造機・関連商品はこちら

TEL 0178-38-3716

黒にんにくについてはこちら

TEL 0178-20-7296

受付時間 平日 9:00~17:00

メールでのお問い合わせ